サイトメニュー

数分の動作で効果が出る

ハートを持つ医者

うつ病の人にもおすすめ

日常のストレスから地震などのトラウマに繋がる自然災害に至るまで、バタフライハグは効果的で心の傷を癒すことが出来るとされています。身体に影響を及ぼすストレスの種類は多岐に渡りますが、年数を重ねるごとに人間は様々なトラウマを心にため込んで生きており、簡単なケア方法であるバタフライハグの需要が高まっています。動作としては目を瞑り両腕を蝶の羽のように交差して、肩と胸の辺りを軽く交互に叩いていくのが基本です。バタフライハグを行う時間はおよそ二分から三分ほどで済むため、仕事や学校で忙しい人でも隙間時間を利用して心のケアが出来るでしょう。ストレス軽減には適度な運動も効果がありますが、個室や避難所のように広いスペースが取れない場所でも行うことが可能です。体力が低い子供や高齢者でも行いやすい動作であるため、災害時のストレスケアなど幅広い場面で活用出来る方法であると言えるでしょう。普段からの心のケアとしても行いやすい動作のため、自然災害以外の日常的なストレスでうつ病になっている人にも、オススメのケア方法です。カウンセリングや抗うつ剤だけでケアをするのではなく、自分でもストレスを感じたらバタフライハグを行うようにすると、うつ病の回復も早くなります。うつ病以外ではパニック障害の症状にも効果が期待でき、治療方法の一つとして取り入れており、今後もますます普及すると予測されています。朝出かける前や外出から帰宅した際に、バタフライハグを行うようにすると、日頃のストレスケアにもなり、健康的な生活を送ることが出来るでしょう。

初めてバタフライハグを行う時には、難しい動作をするのではなく簡単であることを認識して行うと、緊張せずにストレスケアが出来ます。まずは目をつむり左右の腕を交互の形にしたら、自分を抱きしめるような気持ちで軽く手で肩の辺りを叩くと良いでしょう。バタフライハグのメイン動作である手の動きを始める前に深呼吸を入れると、手の動作に集中しやすくなり効果が高まります。手で肩や胸を叩く回数は、二分から三分の中で十五回から二十回くらいが平均ですが、自分の気持ちが落ち着く程度を目安にすると効果的です。気持ちが落ち着かない日には、一日のうちに何度かバタフライハグを行う時間を設けて、ストレスを和らげると不安が消えやすくなります。病院に通うほどではないが、ストレスが多くて不眠などの傾向がある場合にもバタフライハグを日常的に取り入れると効果的です。成長期の子供の場合は、大人と同じ種類の抗うつ剤が合わない場合もあるため、バタフライハグでストレスケアを行うようにした方が安心とされています。妊娠中の女性も飲むことが出来ない抗うつ剤があるため、薬を使わずに心の傷を慰められる方法は重要であると言えるでしょう。プレッシャーを感じやすい試験の前日や結婚を控えている人など、環境が変化している時期にもストレスケアを取り入れると心の病気になりにくくなります。普段は健康に暮らしているという人も、自分でも気づかない心の中に潜むストレスをさり気なく解消するために、ケア方法として試してみると今後の健康維持に繋がります。