サイトメニュー

最低限知っておきたい知識

聴診器

気をつけることと通う時の準備方法

人間の精神的なバランスは、常に交感神経と副交感神経で成り立っています。このバランスが極端に崩れてしまった場合には、うつ病になるともいわれています。うつ病以外でも、自律神経失調症など精神バランスが崩れた状態が日常的に生じて、普段の生活を営む上で様々の障害が考えられるでしょう。そこで理解しておきたいのは、精神的なバランスが崩れて病気がちになった場合、どのように元通りに戻したらよいかの方法です。一般的に考えるのは、心療内科や精神科にかよい薬をもらうことですが、それ以前にもっと簡単な方法があります。それがバタフライハグと呼ばれる方法です。バタフライハグを自分で行うことで、心の負担を少なくすることができて、しばらくの時間は安らぎに変えることができるでしょう。精神的に不安定な状態は気持ちが緊張した状態になっていることが多く、何か物事に取り組む場合でも前向きになれなかったり、すぐに疲れてしまったりすることが多いです。そこで心の平穏を通り戻すべく、バタフライハグを定期的に行うとよいでしょう。これを定期的に行うことで、気持ちはリセットされますが、すぐに効果がなくなってしまう場合も考えられるでしょう。最初は見よう見まねで行ってみてもよいですが、何度か行っても効果が十分に発揮されていないと感じるならば、専門の病院に行きやり方をもう1度教えてもらいましょう。最近はインターネットの情報などもあるため、病院に行かなくてもやり方はわかりそうですが、やはりオリジナルの方法だと行き詰まりになることがあるものです。

バタフライハグを行うことで、良い結果が出る可能性がありますが、この前の段階でいくつか準備をしておきたいところです。どのような準備が必要かといえば、まずどれぐらいの費用になるかを計算しておくことです。費用といっても、実際にどれぐらいかようかによって変わってきますが、一般的な精神科ならば最初のうちは毎週通うぐらいの計画を立てておいた方がよいです。一回にかかる治療費は、\3000前後になります。これは抗うつ剤などの薬が出ていない場合に限られます。薬が出ている場合には、もう少し高くなると考えておきましょう。ある程度慣れてくると、病院の方で2週間に一度通院してくださいといわれることがあります。そうすると、費用はおよそ半分になると考えておきましょう。ただし薬をもらう場合には、1週間分まとめてもらうことも考えられます。このようにすれば、結果的に金銭的な負担も時間的な負担も少なくなるでしょう。あとはバタフライハグなどを通じて、自分自身で病気を治す気持ちを持つことが重要になります。基本的に、心療内科や精神科に行ったとしても、先生に任せきりでは治るものも治りません。あくまで精神的な病気の場合は、自分自身で今の状態を意識できるかどうかが治るきっかけになるでしょう。自分自身の状態を意識してそれを改善しようとする気持ちがあれば安心して取り組むべきです。しかしその気持ちがなく他力本願で行うとすれば、治ったとしても時間がかかってしまう可能性が高いです。結果的に時間やお金が随分とかかってしまうことになりますので、要注意です。