サイトメニュー

うつ病の状態になったら

医者

特徴と治療の仕組みを考える

最近は若い人の間で、さまざまな病気が流行していますが、精神病として流行しているのがうつ病になります。うつ病の状態になると、仕事が手に付かないだけでなく人間関係にも影響を及ぼすでしょう。つまり生活全般がネガティブになり行動ができなくなることも考えられます。よく頻繁に会社を休む人がいますが、これはうつ病の可能性が高いです。その理由は様々ですが、よくある理由としては頭が痛い、あるいは発熱の状態が続いている、そしておなかが痛いなどです。中には気持ちが悪いなどといって休む人も多いです。このような症状が断続的に続くようならば、うつ病の可能性が高いと考えてよいでしょう。うつ病の状態は、精神的なバランスが崩れており、このバランスを整えない限りは元通りの生活をすることは難しいです。バランスを整える方法にはいくつかありますが、対処療法の一つとして考えられるのがバタフライハグと呼ばれるものです。バタフライハグの特徴は、精神的な安定を取り戻す作用があることです。やり方としては、自分の右手の平を手の肩の上にあてます。そして自分の左手の平を右の肩の上にあてます。そうすると、腕が交錯した状態になるといえるでしょう。この状態で両掌で軽く肩を叩いてみましょう。あまり強くたたくと逆効果になりますので、軽く叩いてあげることが重要です。これを20秒ぐらい繰り返すことで少しずつ安心感が持って行きます。このようなやり方をしている心療内科や精神科も増えてきており、最近注目される対処療法の一つと言えるでしょう。当然ながら、原因療法ではないためこれだけではなおすのが難しいですが、自宅でもできる簡単な方法になります。

バタフライハグを利用する心療内科や精神科も増えてきていますが、バタフライハグだけで完治する訳ではありません。あくまでも対症療法として考えられているため、カウンセリングによる治療が必要になるところです。このような仕組みを採用しているところは多く、患者もその仕組みをよく考えて納得しておくことが必要になります。バタフライハグは精神的な安定感を取り戻すために行うものです。しかもわずか20秒方法でできるため会社などでも試してみると良いかもしれません。その場の気持ちの落ち着きを維持することが可能になります。それとは別に、カウンセリングを行い原因療法として原因の追及とうつ病の完治を目指していかなければいけません。カウンセリングの内容は人によって異なりますが、その人がどのようなことで精神的なバランスを崩してしまったのかを明確にすることが重要になります。よくある例としては、人間関係がつらくてうつ病になってしまった場合です。それ以外によくあるのは、将来に対する希望がとても暗く、それが原因でうつ病になってしまうこともあります。多くの場合、自分自身でそのことを自覚していないため治しようがないわけです。そこでカウンセリングを行う時は、自分自身で原因を発見できるような方法を採用していることが多くなります。様々な質問を患者にするとき、患者も真剣に答えていく必要があるでしょう。これを真剣に答えるだけですぐに結果が出る訳ではありません。ですが長期的に続けることで、自分自身の考えていることが分かるようになり、自分を見つめ直し病気を感じさせるだけの方向に持っていくことは可能です。