サイトメニュー

医者

うつ病の状態になったら

バタフライハグと呼ばれる方法がありますが、この方法を利用することでうつ病の状態を安静にすることが可能です。仕組みは、バタフライハグ自体が対症療法になるため、それのみで解決することは難しくカウンセリングも重要になります。
ハートを持つ医者

数分の動作で効果が出る

自然災害や事故などで心にトラウマを持つ人は多く、軽度の症状の場合は通院せずに一人で悩む場合もあります。バタフライハグは蝶のような動作を行うことで、自分のトラウマを慰めて心が安定する効果があり、注目されている方法です。

パニック障害にも効果あり

カウンセリング

年齢問わず出来るため支持されている

うつ病やパニック障害などの心の病気を持つ人をはじめ、通院はしない程度だが悩みを抱えているという人にも好評なのが、バタフライハグというストレスケアの方法です。災害に見舞われた時などは心に傷を受ける住民の人数が増えるため、多様な種類のストレスに対応し自分自身でトラウマをケア出来るバタフライハグが必要とされています。簡単な動作を行うだけのため特別な道具が必要なく、避難所でも挑戦しやすくなっており、年齢や性別問わずオススメのストレスケア方法と言えるでしょう。基本的なやり方としては、自分の両腕を胸の前で交差させて軽く交互に肩から胸の辺りを叩く方法になります。この時に軽く目を瞑り深呼吸をすることで、動作とともに気持ちが次第に落ち着いて不安な気持ちが解消されるのが特徴です。既に精神科や心療内科に通院している場合には、バタフライハグのやり方を教えてもらうと動作中の明確なイメージを掴みやすくなります。まだうつ病にはなっていないが、子供の頃に受けた心の傷が消えずに、大人になってからもストレスを感じているという人にもオススメです。過去のストレスが心の傷として残っている場合には、うつ病にならなくても自律神経失調症などの内科系の病気になる人もいます。様々な種類の病気の原因となりうるストレスを解消していくことで、今後かかる可能性が高かった病気を予防でき健康に近づくでしょう。小学生くらいの子供の場合には、うつ病の症状が出たとしても抗うつ剤の処方が好ましくない場合もあり、バタフライハグが有効とされています。心の傷と言ってもいじめ問題と災害は種類が異なるストレスですが、バタフライハグはあらゆる心の傷に役立つため便利です。

自分ではストレスを溜めないように心がけていても、人間関係や災害などの影響で自然とストレスが溜まってしまうことも少なくありません。普段は忘れているのに子供の頃受けたストレスが蘇ってくるなどの場合には、バタフライハグのようなストレスケアが最適といえるでしょう。気持ちが不安定になった際にすぐ活用出来るようにすると、心が落ち着くのが早くなり日常生活に支障をきたさないようになります。うつ病の人でカウンセリングを受けて抗うつ剤を処方していても、症状の改善が遅い場合にはバタフライハグを取り入れるのがオススメです。医師によってはバタフライハグを治療に取り入れており、なかなか消えないトラウマに効果があるとされています。動作の方法を覚えておくことで、お金をかけずにトラウマ解消を実践でき、病院へ通えない日にも役に立つでしょう。女性の場合は妊娠中で抗うつ剤を飲めないこともあり、そのような状況の時にも対応出来るストレスケアとしてバタフライハグを覚えておくと安心です。結婚や出産が影響するマリッジブルーやマタニティブルーのような一時的な状況が原因となるストレスにも、適したケア方法となっています。就職活動中の学生や受験生も普段とは異なるストレスを抱えてしまうことが多く、自分でストレスケアが出来るようにしておくと体調を崩しにくくなります。大事な用事の前日など緊張して睡眠が取れない場合にも、自宅でバタフライハグの動作を行い心のストレスを解消してみると良いでしょう。動作を行った後はリラックス効果が得られて、普段通りに睡眠が取れるようになりプレッシャーを感じにくくなります。

聴診器

最低限知っておきたい知識

成人的に落ち着きがなくなった場合や、うつ病などで気分が落ち込んでいる場合、バタフライハグを行うことで復活することが可能になります。クリニックにかようならば、通う前にしておきたい準備も確認をしておいた方がよいです。